超上級編
ちょっとお遊びです。タカタカ押してご覧下さい。
hamigaki
一見普通の一歯縦磨き方ですが、さらに歯ブラシのあてる角度を変化させています。
「えぇ〜っ!一本づつ磨くのでさえ、面倒なのに一本の歯をさらに分けて磨くなんて・・・。」
と思いますよね?ところが実際やってみると・・・確かに面倒なんです。しくしく・・・。
でもやってみると磨き終わる時間が随分短縮できるのです。

ちょっと腑に落ちないですか?つまりそれが 磨ける磨き方なんです。


歯垢を赤く(青いのもあります。)染め出しして患者さんに磨いていただくと
動かし方はめちゃめちゃでも自然と毛先を歯面に対し色んな角度で当てて磨きだされます。
普段の平面的な磨き方では落とせないからです。
でも毎回赤く染めて磨くわけには、なかなかいきせんので
多少面倒でも一本の歯を分けて磨くのが確実な方法となります。
ポイントは歯ブラシを当てるとき毛先の角を使うように意識します。

次回は更に発展させて毛先を歯と歯茎や歯と歯の間に滑り込ませるテクニックをご紹介します。
歯並びが悪い方や歯茎が短縮してしまい根本まで当てるのが大変な方に有効ですが、
ここまでの磨き方をマスターしていないと少し難しいかもしれません。
次回アップの3月くらいまでに小臼歯ぐらいまでは、
この磨き方で出来るようになれると思うのですが・・・。

あっそれからここまで熱心に練習しようと思う方は、
是非薬局で歯垢の染め出し剤をお買い求めになる方が宜しいかと思います。
そうするとこの磨き方のコツが分かりやすいです。

おわかりになっていただけましたか?