電動歯ブラシ

以前から色々なタイプの電動歯ブラシをちょこちょこ使わせていただいていただいていたのでですが、 今回このページを書くにあたり改めて何種類かの電動歯ブラシをお借りして一ヶ月間使用してみました。

前は電動歯ブラシに対して否定的な考えもあったのですが、 それぞれかなり改良を重ねているらしく同じメーカーの物でも以前に使用してみた時より格段に使用感がよくなっていましたので、 歯磨きの時間を短縮したい方はもちろん諸事情で利き腕が使えない方には是非お薦めしたいと思います。


電動歯ブラシと普通の歯ブラシの違い

今までせっかく電動歯ブラシを買ったのにいつのまにか使わなくなってしまった方もいらっしゃるかもしれません。 実は電動歯ブラシというのは思っているより手軽なようで手軽じゃないのかもしれませんね。 ただ楽をしたいから・・・と思って買うと結局電動歯ブラシを使わなくなってしまいます。

電動歯ブラシは正しく使用すると手動で磨くより簡単に歯垢を落とす事は出来ますので、 歯磨きについてきちんと理解した上でお使いになって頂けるとこう言った失敗もふせぐ事が出来ます。

磨き方の違い

電動歯ブラシを使う時注意しなければいけないのは、手動の場合と磨き方が違うと言うことです。 例えば持ち方も手動の場合細かい動きを要求されますので執筆状(ペングリップ)に持ちますが、 電動歯ブラシの場合しっかりと固定させるため掌握状(パームグリップ)に持ちます。

また当てる際も手動の場合は磨きたい所に最初からブラシをきちんと当てますが、 電動の場合やや離れた所から滑らせた方が歯と歯茎の境目をきちんと捉えやすいと思います。

そして最大の違いは電動歯ブラシの場合はむやみに動かさないということです。 電動歯ブラシのブラッシング指導をしていて感じたのは、 じっと把持しているのに慣れていないせいかちょこちょこブラシの部分を動かしてしまうみたいです。 これは電動歯ブラシを使用する時は逆効果です。

また磨き始めも手動の場合は、磨きづらい上の奥歯の裏側などから磨き始めると効果的ですが、 電動歯ブラシの場合は唾液が溜まると飛び散りますので下の歯の裏側などから磨くといいかもしれません。


選ぶ基準

一口に電動歯ブラシといっても種類が豊富なので自分にあったものを選ぶのが大変です。 そこで簡単な選ぶポイントをご紹介させて頂きたいと思います。

価格について

これは本当に何百円の(電池が切れたら)使い捨てタイプからウォーターピック(細い水流の水圧によって食片を洗い流すもので歯垢は落とせません。歯肉のマッサージ効果はあるとは思うのですが、価格に見合うかどうかは疑問です。) 付きの何万もするものまでかなりの差がありますが、1〜2万円程度のものが一番よく売れているそうです。 それは安いタイプだと充電が出来なかったり把持部分の振動が大きく使用感が悪かったりしますので結局長い目で見るとその辺りの価格が妥当かもしれません。

ブラシ

電動歯ブラシといってもブラシの部分は通常の歯ブラシと一緒で毛先が開いてくると除去効果が落ちてきますのでその都度交換が必要になってきます。 その時替えのブラシが手に入りやすいという事も選ぶ時の重要なポイントになってきます。

ブラシの動き

買う前に店頭で実際の動きが確認出来るといいのでしょうが、 人気商品や新発売の物以外はなかなか無理な事が多いと思います。

乱暴な分け方をすると従来の縦や横に振動するタイプや3次元的に(1回のストロークで2種類以上の動きを複合している)動くタイプの物、 ブラシまたは毛束の部分が反復回転をするタイプなどがあげられます。 (その他細い毛束で微振動をするものやちょっと種類が違いますが超音波(音響波)を利用したものも出ています。)

お薦めなのは、ブラシを磨きたい所に的確に当てる事が出来て歯垢の除去効果の高い反復回転をするタイプのものです。 (私の個人的な意見なんですが、人間の手では出来ないような動きを再現する方が電動歯ブラシを使う意義があるような気がするんです。)

もちろん私も全部の機種を調べた訳ではありませんのでお薦めの電動歯ブラシがありましたら是非E-mailで教えて下さい。


私のお薦め電動歯ブラシ

一般に歯垢の除去効果が高いと言われているもので使用感にも優れているという*注1 ボシュロム(輸入元オムロン)のINTERPLAKとブラウンのPLAK CONTROLという電動歯ブラシをそれぞれ一ヶ月間使用してみましたので (といっても単に更新が遅くなっただけなんですが、その間だいぶテクニックも向上してしまいました。) それぞれの特徴と磨き方のポイントをご紹介させていただきます。

*注1 山田了ほか:日歯周誌、34(4)907-915,1992

fig.1
機種名[INTERPLAK]
型番HT-B310
患者価格\9,600
最大回転数4,500rpm
fig.2
機種名[PLAK CONTROL]
型番Ultra Timer D9511
患者価格\13,000
最大回転数3,600rpm


fig.3INTERPLAK

これは昔から有名な歯周病の論文の実験のコントロール群(比較のためにプラークコントロールを徹底させるグループ) の管理に使用された事もあり私の憧れの(?)電動歯ブラシでした。 この電動歯ブラシの特徴は毛束が独立して回転するため歯垢の除去効果は1番高いと言われています。

しかし私が最初使う機会に恵まれた時はとにかくヘッドの部分が大きく音もうるさく使用感は最悪だったのですが、 今回お借りしたタイプは、ブラシの部分が一回りも小さく把持部分もスリムになり振動もあまり気にならなく改良されていました。


fig.4PLAK CONTROL

こちらの方はCMでご存じの方がいらっしゃるくらい一般のシェアではかなりの売り上げを誇っているようです。 コンパクトなヘッドは細かい隙間にも十分対応しているうえブラシの部分がカップ状になっているためブラシを歯面に当てたときに安定感があります。 また今回使った物はタイマー付きで2分間使うと一旦スローダウンして歯磨きの時間の目安になります。


比較及び適応例

メーカーさんごめんなさい・・・私の独断で書かせていただきます。

歯垢の除去効果

染め出し(歯垢を赤く染めて確認しやすくする)を行って使用した所、 INTERPLAKの方はすごい勢いでに歯垢が取れるので本当に驚きました。 この電動歯ブラシは実際の感覚よりも除去効果が高いように思います。

一方PLAKCONTROLはINTERPLAKに一歩譲るものの満足のいく結果が得られました。

使用感

INTERPLAKは以前に比べかなり使用感も改善されてきていますが、 まだ音は少し気になりますし把持部分も太めなため、少し使いづらい印象がありました。

しかしそれは比較したPLAKCONTROLの使用感が電動歯ブラシの中では群を抜いて良すぎるせいもあります。

適応例

INTERPLAKはどちらかというと「勝手に歯垢を落としていく」感じで軽く当てただけで毛先が歯と歯の間に勝手に入っていきます。 値段も少し割安なため電動歯ブラシの初心者の方や歯並びが良く歯茎も健康な方にはお薦めです。

一方PLAKCONTROLの方は当て方のコツさえつかんでしまえば全部の歯面に対してかなりの効果があげられます。 また当てた時の安定感が高いので歯周病で歯茎が短縮している方や歯と歯の隙間が大きな方には是非PLAKCONTROLをお薦めしたいと思います。


歯磨きテクニック for 電動歯ブラシ編
Back INDEX Next